税務関係、コンサルティング関係、IT関係、時事関係、プライベートなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【月刊税務事例に論文が載りました】

月刊税務事例10月号

特集「相続税課税財産の認定を巡る諸問題」で
論文を書かせて頂きました。

名古屋地裁平成20年12月11日判決(税資258号順号11102)、
亡き父親の相続に際して、
子が相続したものとされた預金を

母親が排他的・専属的に管理してきた場合に、


この預金が母親の相続財産になること、


この預金を相続財産ではないとして税理士に申告させると

事実を隠ぺい」したことになること、

が明らかになった事件です。

先送りされている相続税の改正のからみもあってか、
最近は相続関連の仕事が増えている感じがします。

相続財産該当性は、
名義を移せば相続財産から外れる、というわけではなく、

実質的にその財産の支配管理関係がどうあるのか、

がポイントになるんですね。
この事件でも、名義は母親のものではなくても、

母親が支配管理してきた財産であるとの認定を受けて、

相続財産と認定されています。

相続税負担を減らすことばかりを意識して、
間違った相続対策をとることがないよう、
ご注意いただきたいものです。

相続対策には十分な時間をかけて取り組んでいただきたいですね。


written by 平
スポンサーサイト

2012-10-05 : 仕事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム(ブログ内)

カレンダー

<< 11
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ABC税理士法人 全メンバーによる日々格闘のブログです

ABC Tax

Author:ABC Tax

毎週火曜・金曜に更新予定です!

人気ブログランキング

ご来場者さま

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。