FC2ブログ
税務関係、コンサルティング関係、IT関係、時事関係、プライベートなどなど。

【バッテリー考察】

以前スマートフォンのバッテリーがすぐ切れる問題について
書いた事がありますが、それではなぜスマートフォンのバッテリーは
すぐに切れるのでしょうか。

フィーチャーフォン(通常型携帯電話)に比べてバッテリー容量が少ない?
いえいえ、そんな事はありません。
標準的なフィーチャーフォンのバッテリー容量は800mAh前後です。
(mAhはバッテリー容量の単位で一般的に大きい方が長持ちする)
対してスマートフォンは1200mAh~1600mAh程度で
大体1.5倍から2倍くらいの容量があります。

ではナゼ?

大きく分けて2つの理由があります。
1つはそもそもスマートフォンの消費電力が大きい事。
画面サイズが大きい、OS等基本ソフトの消費電力か大きいなどです。

そしてこちらの方が影響が大きいのですが
電気をバカ食いするアプリが多い事です。

恐らく消費電力が最大のものはWiMax通信やXiのようなLTE通信でしょう。
3G通信に比べると理論値で数倍の速度が出せますが
バッテリー残量もみるみる減っていきます。
Xiは3Gと比べてポーリング時間が半分のため頻繁に基地局と導通確認します。
にもかかわらずサービス範囲が狭いので圏外の事が多く
ムダにバッテリーを消費します。

これをやっていない人でもGPS位置情報送信をONにしていれば
画面を消していてもバッテリーはどんどん減っていきます。
その他バックグラウンド通信をするアプリも多いので
きちんと計画的にアプリ整理をしておかないと
知らない内に使っていないアプリがバッテリーをバカバカ使います。
この他googleカレンダーのように常時サーバー同期するアプリも
バッテリーを消費し続けます。

よくこのような事情を知らないで携帯から買い換えた人が
「スマートフォンのバッテリはすぐ切れる」と言うの聞きますが
スマートフォンは「電話機能のついたパソコンである」
と言う認識をしっかりと持つ必要があります。

対してフィーチャーフォンはあくまで「電話」であり
iモードもバーコードリーダーもオマケ機能でしかありません。
オマケ部分にバッテリーをバカ食いするアプリは無いのです。

このようにメンテナンスしていないパソコンがいつの間にか重くなるように
スマートフォンはしっかりアプリ管理を行わないと
常にバッテリー切れに悩みながら使う事になってしまいます。


written by 佐藤
スポンサーサイト




2012-02-13 : IT : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム(ブログ内)

カレンダー

<< 04
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ABC税理士法人 全メンバーによる日々格闘のブログです

ABC Tax

Author:ABC Tax

毎週火曜・金曜に更新予定です!

人気ブログランキング

ご来場者さま

QRコード

QR