FC2ブログ
税務関係、コンサルティング関係、IT関係、時事関係、プライベートなどなど。

【ホリデーランキング05】

先週はお休み致しまして2012年最初の休日順位付
第五回は第三回に続き年末年始にちょっと関係ある話題、その2。

さて、お正月気分もそろそろ抜けてきた頃でしょうか
年末年始の休みと言うのはある業界にとってはかき入れだったようで
こんな言葉があります。

「お正月映画」

かつてはフーテンの寅さんが有名でした。
渥美清さん亡き後、今年はAlways 三丁目の夕日なんかがあたるでしょうか。

昨今、AV機器の発達もあり映画館で映画を見る機会と言うのは
少なくなってきている傾向があるようです。

それでは昔に遡って歴代最高の観客動員を誇った映画は何でしょうか。

第一位 1939年 Gone with the Wind
    風と共に去りぬ
第二位 1977年 Star Wars Episode IV: A New Hope
    スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
第三位 1965年 The Sound of Music
    サウンド・オブ・ミュージック
第四位 1982年 E.T. the Extra-Terrestrial
    E.T.
第五位 1956年 The Ten Commandments
    十戒

【出典:最高興行収入映画の一覧に関する豆知識】

意外と言うか予想通りと言うか最近のタイタニックもアバターも
ランクインしていません。

普通に歴代一位で検索するとタイタニックやアバターも出てきますが
何しろ物価、つまり映画代が全然違うので過去作品と現代作品を
単純に興行収入で比較はできないのです。
このランキングは一応物価変動分(インフレ)調整後の順位です。
風と共に去りぬ全米での興行収入は約2億ドルで160億円程度ですが
当時としては桁はずれに多いものでした。

つまりこれは歴代観客動員数ランキングと言ってもよく
より多くの人が映画館で見た映画の順位です。


ただし古い映画の情報はあまり確かなデータが無く、多分に推定値や
予想値を含みますので動員数や収入の数字自体は実際のところ不明です。

ちなみに風と共に去りぬは推定ですが全世界での観客動員数は
およそ20億人と言われています。
恐るべき事に世界人口の1/3以上が延べ見た事になりますね。

日本映画の歴代一位は千と千尋の神隠しで2350万人ですから
この100倍と考えるとかつての映画最盛期のヒット映画のパワーが
いかにすごかったという事がよく分かります。
スポンサーサイト




2012-01-14 : ランキング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム(ブログ内)

カレンダー

<< 04
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ABC税理士法人 全メンバーによる日々格闘のブログです

ABC Tax

Author:ABC Tax

毎週火曜・金曜に更新予定です!

人気ブログランキング

ご来場者さま

QRコード

QR