税務関係、コンサルティング関係、IT関係、時事関係、プライベートなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【消費税改正で経理処理がどう変わる?】

今回の消費税改正は将来の消費税率引き上げの議論もいろいろありますが
現場の経理で、「結局のところ、何がかわるの?」
と不安に思われている経営者もいるかと思われます。

今回は中小企業の消費税処理について少し説明したいと思います。
まず、年間の売上高が5億円を超える企業に限定して話します。

今までは課税売上割合が95パーセント以上の企業は原則
預かった消費税から支払った消費税の差額を消費税として納税していました。
しかし今回の改正では、課税売上割合が95パーセント以上の企業も
課税売上割合が95パーセント未満の企業が行ってきた
個別対応方式や一括比例配分方式で行わなければならなくなります。

多くの企業は銀行で普通預金を持っており、受取利息が発生します。
この受取利息は消費税法上、非課税売上高になります。
また、居住用のアパートなどを会社が所有している場合
その家賃収入も非課税売上高になります。
個別対応方式を採用する場合、課税・非課税・不課税を意識するだけでなく
課税の場合、更に3パターンに分けなければならず
仕訳をきる時に注意して行わなければなりません。

また、個別対応方式や一括比例配分方式
どちらを採用していくかも決めなければいけません。
なお、平成24年4月1日以後に開始する課税期間から適用となります。

次回は、この改正を踏まえた上で
個別対応方式と一括比例配分方式について話します。


written by 平井
スポンサーサイト
2012-01-31 : 仕事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

検索フォーム(ブログ内)

カレンダー

<< 01
2012
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ABC税理士法人 全メンバーによる日々格闘のブログです

ABC Tax

Author:ABC Tax

毎週火曜・金曜に更新予定です!

人気ブログランキング

ご来場者さま

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。